テレビ雑缶

テレビやドラマ、マンガなどの感想などをつづります。

TBSテレビ 日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第7楽章 ~はじめてジーンとした~

7回目にして初めてジーンとしました。 ・・・ このドラマへの没入感を阻害する響(芦田愛菜)の存在について、改めて思うことを。 芦田愛菜という役者は、「最高の教師」の鵜久森のように、"優等生でクラスメートからいじめを受ける”というようなわかりやすい…

TBSテレビ 日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第6楽章 ~あっさりしていた晴見フィルのラスト~

第6楽章は打って変わって、よかったですね!晴見フィルにフォーカスした話だったので、やっと見たかったストーリーが展開されたという気持ちです。(夏目家の話は本当にイラっとしました) 個人的には、推しの新木優子の出番が結構あったし、人物の背景も知…

TBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある」第4回感想 ~ウェディングベル(シュガー)のオマージュか?!~

今後はシュガーの「ウェディングベル」のオマージュですか。懐かしいなあ。 ミュージカルシーンのベースになった曲は多分これじゃないかな。 www.youtube.com 自分をふった相手の結婚式に出るという罰ゲームみたいなシチュエーションで怨嗟の念をポップに歌…

TBSテレビ 日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第5楽章 ~このドラマをつまらなくしている理由~

さよならマエストロの第5楽章は、第4楽章に続き家族の再生物語でした。オケの方はほぼ進展なし。まさか2話続けて、夏目家の家族関係にフォーカスするとは思ってもみませんでしたね…。 見続けながらもこんなことを言うのは何ですが、このドラマをつまらなくし…

NHKドラマ「仮想儀礼」ついに最終回!作り手も演者も凄まじい熱量でした

今季イチオシのドラマ「仮想儀礼」がついに最終回を迎えました。 【公式サイトより】 (10)「そして、宗教が生まれる」初回放送日: 2024年2月11日 陰謀論に陥った秋瞑(美波)、雅子(松井玲奈)、麻子(河井青葉)らの暴走を止めるため、正彦(青柳翔)と誠…

TBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある」第2~3回感想 ~八嶋智人の無双回~

昭和と令和が交錯する「不適切にもほどがある」、いろいろ面白いエピソードをぶっこんで来ていますが、何といっても爪跡を残したのは八嶋智人役を八嶋智人がやるという画期的な配役でしょう。 テレビ番組のロケで航空チケット手配する時に、八嶋智人を基準に…

NHKドラマ「仮想儀礼」第9回感想 ~教団の崩壊と末期のリアル~

嗚呼、栄枯盛衰…。 【公式サイトより】 (9)「魔境に堕(お)ちる」初回放送日: 2024年2月4日 ついに関係者の死という衝撃的な事態まで迎え、聖泉真法会は「カルト」の烙印を押されてしまう。マスコミや信者の家族たちに押しかけられ、世間から猛烈なバッシング…

TBSテレビ 日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第4楽章の感想 ~家族の再生物語だったのか?~

さよならマエストロの第4楽章は、オーケストラの状況に目立った進展はなく、おもに俊平(西島秀俊)と家族の関係にフォーカスした回でした。 ・・・ オーケストラの再生物語がストーリーのメインだと思っていたのですが、4回目は俊平と妻の志帆(石田ゆり子)が…